FC2ブログ

ばかえにっき

そのものずばり、だらだらと絵日記を書いています。 絵はクリックすると若干大きくなります。その中に書かれた文章の後、(本文続き)以降を読んでいただくと、話がつながります。 ときどき、描いた絵がどれだけ実物に近かったか、実際の写真と比べてみたりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料館ハシゴ

20130224.jpg
(本文続き)
駅のすぐ近く、元日銀の建物の北方民族資料館へ。
去年見た、絵画「夷酋列像」でアイヌの人が着ていた、いわゆる「蝦夷錦」の絹織物の実物があった。それとなく、爪の数とか、玉を持っているかとかに目が行ってしまった。

次はすぐ近所の文学館へ。
ここは、3年くらい前に仙台を巡回中に見に行った、リアルな猫の絵でお馴染みの長谷川潾二郎兄弟の展示が面白かった。
てゆーかこの兄弟、みんな作家兼超売れっ子シナリオライターとか文学者とか、画家とか、すごい人たちなのね。
あと、現役の人だと辻仁成さんとかのコーナーもあって、そこをしげしげと見ていたときだけ、ボランティアの人が
「説明しましょうか?」
と近づいてきた。

まあこれ目当ての人も結構来るからだろう。
自分は「結構です」といって断ってしまったが。

さて、ハシゴ3軒目は坂を上って突き当りの公会堂へ。
よくここの敷地には入るんだけど、左折して教会群の方に行ってしまうので、建物に入るのは初めて。

嫁は子供のころ、市主催の何かのイベントで何度も入ったことがあると言っていた。2階の大広間が、そういう市のイベントとかの会場。今は外のバルコニーは閉鎖中で出られないが、ガラス越しに港がよく見えた。

そして最後は旧イギリス領事館。
ここまで歩きっぱなしだったので、中の喫茶店で休憩。紅茶が濃くておいしかった。

展示を見ていくと、最後に、顔を出して記念写真が撮れる特大のパネルがある。せっかくなので文明開化の紳士と貴婦人みたいなところから顔を出して写真を撮った。その横は、小汚いデッチの小僧と、緑のフロックコートを着た外人のキャプテンみたいな人だった。
この二人、なにか会話しているようなんだけど、果たして言葉が通じているのだろうか?

で最後、十字街の裏道から1番のバスに乗って帰る。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

ちんちんのやかん

Author:ちんちんのやかん
fc2blogヘヨウコソ!
(カタコトの日本語っぽく)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。