FC2ブログ

ばかえにっき

そのものずばり、だらだらと絵日記を書いています。 絵はクリックすると若干大きくなります。その中に書かれた文章の後、(本文続き)以降を読んでいただくと、話がつながります。 ときどき、描いた絵がどれだけ実物に近かったか、実際の写真と比べてみたりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗の町

20130727.jpg
(本文続き)
なら、仕事する長野市内に近いとこにしようと思い、そうだ、湯田中いいじゃんと思って調べたらまだ取れた。
となると、道すがら小布施に寄らざるを得ない。

前来た時は真冬。クソ寒い中だったのを思い出した。

長野駅でながでんに乗り換え。
乗った特急は成田エクスプレスのおふるのやつだった。

で、小布施到着。
標高はあるんだろうけど、盆地の端っこだから暑い。

昼時で食べ物屋は混んでいるし、とにかくクーラー利いてるトコというわけで北斎館へ。
企画展は、富士山世界遺産登録記念ということで富嶽三十六景をやっていた。

ひとしきり見て、北斎が天井裏の絵を描いたことで有名な祭り屋台も見る。
普段、四輪一層唐破風屋根の漆塗り屋台を曳きまわしている身としては、なんとも落ち着く上品な形。

ただ、こちらの屋台は、我々が「腰板」と呼んでいるパーツの部分が「御簾」になっていて、この部分を「一階」、高欄より上の部分を「二階」と呼んでいるらしい。
で、お囃子は一階に乗るとのこと。

ここに展示されている2台の屋台は、共に1800年代初頭の建造で、これ以降に造られる中部地方の祭り屋台の「形」を含めて、いろいろ想像するのは楽しいと思った。

北斎館を出ると、ものすごい豪雨になった。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

ちんちんのやかん

Author:ちんちんのやかん
fc2blogヘヨウコソ!
(カタコトの日本語っぽく)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。